>>BACK

以前のニュース(〜04,7/30)

代表、パナマに連勝(05.1/30)
 3月に行われるW杯南米予選パラグアイ戦に備え、26、29日にパナマと親善試合を行ったエクアドル代表は両試合とも2-0で快勝した。パナマは北中米二次予選進出国である。

 26日に行われた試合は点が取れない状況が続いたが、終了直前にオティリノ・テノリオが2ゴールを挙げ辛勝した。29日の試合もオティリノ・テノリオが2ゴールを挙げ、快勝した。

 26日:
  GK:ビジャフエルテ
  DF:デ・ヘスス、ウルタド(グアグア)、カジェ(トリビノ)、バギュイ(ソレディスパ)
  MF:M・アジョビ(カイセド)、E・テノリオ(A・バレンシア)、ララ、サリタマ(ジョルジ)
  FW:カルデオン(ミナ)、カビエデス(O・テノリオ)

 29日:
  GK:ランサ
  DF:デ・ヘスス(トリビノ)、ウルタド、グアグア(カジェ)、ジョルジ
  MF:E・テノリオ、M・アジョビ(カイセド)、A・バレンシア(サリタマ)、カビエデス(バギュイ)
  FW:O・テノリオ、ミナ(ララ)

カビエデスがJリーグ入り?(05.1/10)
 クリスタル・パレスの退団が決定的となっているカビエデスだが、ここに来て驚愕するニュースが飛び込んできた。カビエデスに現在興味を示しているクラブはイングランド、ポルトガル等複数あるが、なんとその中に日本のチームがあるという。まだ噂の段階だがJリーグ移籍が実現すればこれほど嬉しいことは無い。

カビエデスが退団へ メンデスがLDUキト(05.1/8)
 クリスタル・パレスに所属するカビエデスの退団が近いうちに決まる模様。カビエデスは退団後、イングランドかスコットランドのクラブでプレーしたい意向だという。

 メキシコのサントス・ラグーナでプレーしていた代表MFエディソン・メンデスがLDUキトに移籍した。LDUキトは昨年のリベルタドーレス杯ではベスト16に進むなど実力は南米で指折りのクラブだが、メンデスの実力なら欧州でもやれる筈・・・私的にはちょっぴり残念。

 また、同じくLDUキトのフランクリン・サラスはアルゼンチンのリーベル・プレートと交渉中。

 バルセロナのワルテル・アジョビにはブンデスリーガのマインツが最も興味を示しているらしい。

ファン・カルロス・ブルバーノがサッカー教室(05.1/7)
 二〇〇二年サッカーW杯の際に鳥取市でキャンプをしたエクアドルの元代表選手らを招いた「鳥取・エクアドル国際交流事業」が六日、鳥取市の布勢陸上競技場で始まった。十一日までの日程でサッカー教室と講演会が開かれ、初日は四歳から小学二年生までの三十一人が南米のサッカーを肌で感じた。

 W杯キャンプをきっかけにした両国の交流を深めるため、NPO法人・鳥取スポーツクラブが初めて企画。講師に元エクアドル代表のファン・カルロス・ブルバノさんと、鳥取キャンプで通訳を務めた後、同国のプロサッカー選手になった中川賀之さんを迎えた。二人とも現在は同国プロサッカーチームのコーチ。

 サッカー教室ではドリブルやフェイントなどの基本練習の後、参加者全員でミニゲーム。子どもたちはブルバノさんとハイタッチを交わしながら約二時間にわたって和やかに交流を深めた。

 教室に参加した鳥取第四幼稚園の吉村彼武人ちゃん(6ツ)は「ブルバノさんに会えてうれしい。シュート練習が面白く、これからも頑張りたい」と満面の笑み。ブルバノさんは「鳥取で指導ができてすごく幸せ。今度は鳥取の子どもたちがエクアドルに来る機会をぜひつくってほしい」と熱く語った。
http://www.nnn.co.jp/news/news0107.html

移籍関連ニュース(05.1/3)
 LDUキトのSBネイセル・レアスコにアルゼンチンのラシンからオファーが届いているらしい。強豪ボカ・ジュニオルスからもオファーがあり、贅沢な悩みとなりそうだ。

 バルセロナはカビエデスの早期復帰狙っているらしいが、仮に復帰するとしたら契約どおりの今年6月になる予定。カビエデスは出場機会に恵まれていないが、クリスタル・パレスのダウィー監督は手放すつもりは無いという。

移籍関係ニュース(04.12/29)
 エクアドルリーグ今季得点王のエベリオ・オルドネス(エル・ナシオナル)がサウジアラビアのアル・ナスルへ6ヶ月のレンタル移籍。

 ボリビア代表GKのレオ・フェルナンデスがエメレク移籍へ。フェルナンデスはアルゼンチンからボリビアへ帰化している。

FIFAランキング発表(04.12/20)
 FIFAは20日、最新のFIFAランキングを発表した。エクアドルはブラジルを破ったこともあってか、一気に5つも順位を上げて39位に浮上した。

以下関連諸国の順位
1.ブラジル 3.アルゼンチン 16.ウルグアイ 17.日本 26.コロンビア 30.パラグアイ 39.エクアドル 62.ベネズエラ 66.ペルー 74.チリ 94.ボリビア

エクアドルチャンプ決定!(04.12/10)
 エクアドルリーグの王者を決めるリーガ・ファイナルが先日行われ、デポルティボ・クエンカがアウカスを3-2で下し、栄冠に輝いた。リーグ制覇はクラブ史上初である。

 デポルティボ・クエンカにはGKランサが所属しているだけで、代表で活躍する選手は所属していない。


移籍関連ニュース(04.12/9)
 アルゼンチンからの報道によると、FWフランクリン・サラス(LDUキト)がアルゼンチンリーグの強豪、リーベル・プレートに移籍する模様。
 リーベル・プレートにはあのチリ代表マルセロ・サラスも所属している。

 代表の左SB、ネイセル・レアスコ(LDUキト)にアルゼンチンリーグの強豪、ボカ・ジュニオルス移籍話が浮上した。ボカの獲得リストにレアスコの名があるという。

 また、先日代表公式戦初デビューを果たしたパトリシオ・ウルティア(LDUキト)はブラジル、サントスに移籍する可能性が出てきた。

移籍ニュース(04.12/3)
 代表MFのワルテル・アジョビ(バルセロナ)がドイツ・ブンデスリーガの中堅チーム、カイザースラウテルンに移籍する可能性がある模様。今後正式な契約がなされるが、2年レンタルの可能性が高い。アジョビは今夏も一時、同じブンデスリーガのビーレフェルトと移籍交渉に合意したが、所属クラブ・バルセロナ側と金銭面でもつれ移籍は見送られていた。是非今回こそはドイツに移籍し、彼のスキルを磨いてほしい。

 バルセロナ復帰が噂されていたイバン・カビエデス(クリスタル・パレス/イングランド)だが、パレスのイアン・ダーウィ監督によると手放すつもりはないという。
 カビエデスは今季出場機会に恵まれておらず、4試合の出場のみとなっている。

アウカス所属のイギータがコカイン使用で解雇(04.11/24)
 現地時間23日、元コロンビア代表GKレネ・イギータ(37)が薬物検査でコカインの陽性反応を示し、所属チームのアウカス・デ・キト(エクアドル)を解雇されたことが分かった。イギータは出場停止処分を受けるとともに、罰金処分なども科されるとみられる。

 GKながらドリブルで攻撃参加するなど、異色なプレーで人気を集めたイギータ。コロンビア代表として1990年W杯に出場。誘拐事件に関与したとして逮捕された93年以降にも、何度か代表入りしている。http://sports.yahoo.co.jp/soccer/wld/headlines/ism/20041124/spo/16585100_ism_00000035.html(引用元:Yahoo!スポーツ)

 ハシントは大丈夫だよね???・・・イギータはエクアドル代表GKコーチも解雇でしょう。

総合ニュース(04.11/23)
 イングランド、プレミアシップ第14節が各地で行われ、アストン・ヴィラはトットナムをペルー代表ソラーノのゴールで1-0と下した。デ・ラ・クルスもフル出場。クリスタル・パレスはニューカッスルと対戦したものの0-2で完敗。カビエデスはまたもやベンチメンバーからも漏れた。カビエデスは今季4試合しか出場しておらず試合感の欠如が心配される。
 また、ファンタジックなプレーで見る者を魅了するLDUキトのFWフランクリン・サラスは現在は所属チームがとてもいい状態の為、海外移籍をするつもりは無いらしい。ただ、移籍最有力候補はアルゼンチンのリーベル・プレートである。
 FIFA・ブラッター会長が明らかにしたところによると、総当り方式のW杯南米予選は今大会限りらしい。ドル箱の試合が少なくなるサッカー協会には痛手か?


ブラジルに金星!(04.11/23)
 FIFAW杯南米予選が各地で行われ、エクアドルはブラジルに史上二度目となる勝利を挙げた。
 試合経過等は→エクアドル×ブラジル
 ちなみに、エクアドル選手の勝利報酬は12000ドルだったらしい。

ブラジル戦メンバー(04.11/6)
 18日の南米予選ブラジル戦メンバーが発表された。

 GK:
  エドウィン・ビジャフエルテ(バルセロナ)
  
〔ここ数試合でアピールし、代表に定着しつつある〕
  ダミアン・ランサ(デポルティボ・クエンカ)
  
〔第2キーパーとして定着か?〕

 DF:
  ウリセス・デ・ラ・クルス(アストン・ヴィラ/イングランド)
  
〔クラブでもコンスタントに出場し、コンディションもばっちりのはず?〕
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  
〔ゲロンとの競争に勝てるか〕
  イバン・ウルタド(パチュカ/メキシコ)
  
〔固いディフェンスは健在〕
  レナン・カジェ(アウカス)
  
〔期待の若手〕
  ヘオバニー・エスピノサ(LDUキト)
  
〔不動のCB〕
  フリクソン・ジョルジ(バルセロナ)
  
〔久々の代表召集〕
  ラウル・ゲロン(デポルティボ・キト)
  
〔守備に不安が〕

 MF:
  エドウィン・テノリオ(バルセロナ)
  
〔代表に不可欠な小兵〕
  マルロン・アジョビ(デポルティボ・キト)
  
〔体力の衰えは技術でカバー〕
  エディソン・メンデス(サントス/メキシコ)
  
〔クラブでも活躍中〕
  パトリシオ・ウルティア(LDUキト)
  
〔代表初召集?〕
  パウル・アンブロッシ(LDUキト)
  
〔ここ数試合の活躍で完全に代表に定着か〕
  ワルテル・アジョビ(バルセロナ)
  
〔キーになる選手の一人〕

 FW:
  フスタホ・フィゲロア(アウカス)
  
〔代表定着の正念場〕
  アグスティン・デルガド(プーマス/メキシコ)
  
〔試合勘が戻るかが心配〕
  イバン・カビエデス(クリスタル・パレス/イングランド)
  
〔こちらも心配なのは試合勘の欠如のみ・・・〕
  フランクリン・サラス(LDUキト)
  
〔今一番ノってるFW〕
 
 前大会のブラジル戦では史上初めての勝利を収めているが、苦しい戦いになるのは必至。しかし、最低でも勝ち点1は是非ともものにしたい。

エクアドリアン移籍関係(04.10/20)
 デポルティボ・キトのMFクレベル・チャラがペルーリーグのウニベルシタリア・サン・マルティンに移籍したことが明らかになった。
 また、デポルティボ・キトのMFルイス・サリタマとLDUキトのホニー・バルデオンは同じくペルーリーグの強豪アリアンサ・リマに移籍した。

 アリアンサ・リマの公式ウェブサイト:
http://www.alianzalima.com/ 


エクアドル、チリを下す!(04.10/12)
 W杯南米予選第9節、エクアドル対チリ戦は10日(エクアドル時間)にキトで行われ、エクアドルは2-0で勝利した。
 均衡を破ったのは49分、カビエデスが復活ののろしを上げる先制ゴールを決めた。また64分にはメンデスがダメ押しの追加点を挙げ、チリの反撃もむなしくエクアドルが勝ち点3をものにした。
 これでエクアドルは勝ち点13となり、W杯無条件出場圏内の4位となった。


 GK:ビジャフエルテ
 DF:デ・ラ・クルス ウルタド G・エスピノーサ ゲロン
 MF:E・テノリオ M・アジョビ メンデス W・アジョビ('46 サラス)
 FW:カビエデス('90 フェルナンデス) オルドネス('63 アンブロッシ)

チリ戦スターティングメンバー(04.10/9)
 スアレス監督は10日16時(エクアドル時間)のW杯南米予選チリ戦に先立ち、スターティングメンバーを発表した。

  GK:ビジャフエルテ
  DF:デ・ラ・クルス、ウルタド、カジェ、ゲロン
  MF:M・アジョビ、ソレディスパ、メンデス、W・アジョビ
  FW:カビエデス、オルドネス


 懸念されていた中盤は若手で固めてきた。ディフェンスラではカジェ−ゲロンラインが未知数。久々の公式戦スタメンに奮起できるかゲロン。オルドネスは現在エクアドルリーグ得点王。カビエデスのポストプレーやC・テノリオ、サラスの投入も鍵となる。

デルガド欠場!(04.10/9)
 スアレス監督が明らかにしたところによると、FWアグスティン・デルガドは膝の負傷で10日のチリ戦、14日のベネズエラ戦を欠場する模様。
 絶対的なエースの欠場は痛い。ただ不幸中の幸いはエクアドルFW陣の層が厚いことか。

プレミアシップ・エクアドル選手の成績(04.10/5)
 プレミアシップ第8節、アストン・ヴィラはブラックバーンと対戦。デラクルスはフル出場し先制点をアシストするなど活躍するも、試合は2-2のドロー。クリスタル・パレスはフルハムと対戦。カビエデスは74分にリーヒラーティと交代出場。試合も2-0でクリスタル・パレスが今季初勝利を飾った。

W杯予選チリ戦、ベネズエラ戦メンバー(04.10/5)

 GK
  エドウィン・ビジャフエルテ(バルセロナ)
  ダミアン・ランサ(デポルティボ・クエンカ)

 DF
  イバン・ウルタド(パチュカ/メキシコ)
  ヘオバニー・エスピノーサ(LDUキト)
  レナン・カジェ(アウカス)
  アウグスト・ポロソ(エメレク)
  ウリセス・デ・ラ・クルス(アストン・ヴィラ/イングランド)
  ラウル・ゲロン(デポルティボ・キト)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  パウル・アンブロッシ(LDUキト)

 MF
  エドウィン・テノリオ(バルセロナ)
  マルロン・アジョビ(デポルティボ・キト)
  レオナルド・ソレディスパ(バルセロナ)
  ワルテル・アジョビ(バルセロナ)
  エディソン・メンデス(サントス/メキシコ)
  マリオ・ラストラ(アウカス)
  ウェリントン・サンチェス(エメレク)

 FW
  イバン・カビエデス(クリスタル・パレス/イングランド)
  アグスティン・デルガド(プーマス/メキシコ)
  アンヘル・フェルナンデス(エル・ナシオナル)
  フランクリン・サラス(LDUキト)
  ホニー・バルデオン(デポルティボ・キト)
  エベリオ・オルドネス(エル・ナシオナル)


各国リーグ・エクアドル選手の成績(04.9/13)
 11日に各地でプレミアシップ第5節が行われた。アストン・ヴィラはチェルシーと対戦。デ・ラ・クルスはフル出場し、果敢に攻撃参加もしたが得点は奪えず、0-0のドロー。カビエデスの所属するクリスタル・パレスはポーツマスと対戦するも1-3で敗れる。カビエデスに出場機会はなかった。この結果、アストン・ヴィラは7位に後退。クリスタル・パレスは依然最下位のままである。
 また12日にはオランダ、エールディビジ第4節NEC対ユトレヒトが行われ、バレンシアは左SBとしてフル出場。試合は0-1でNECが敗れる。

※エクアドル選手が多数所属するメキシコリーグの情報も載せたいのですが優良な情報ソースが見つからないので暫くお待ちください。 

プレミアシップ・エクアドル選手の成績(04.8/28)
 24、25日に各地で行われたプレミアシップ第3節、クリスタル・パレスはチェルシーと対戦したが0-2で敗北。カビエデスは先発し、67分にヒューズと交代でベンチに下がった。
 アストン・ヴィラはチャールトンと対戦。守備の要メルベリのミスなどもあり0-3で惨敗。デ・ラ・クルスに出場機会はなかった。

各国リーグ・エクアドル選手の成績(04.8/22)
 21日に行われた英プレミアシップ、クリスタルパレス対エヴァートン戦はクリスタルパレスが先制したもの1-3で敗れた。カビエデスは77分にDFボイスと交代出場。久々に欧州のピッチを踏んだ。アストン・ヴィラは22日にウェストブロムウイッチと対戦。デ・ラ・クルスは80分に右SHソラーノと交代出場。しかし、効果的な働きはできず試合は1-1の引き分けに終わった。
 また、21日には蘭エールディビジ、NEC対デン・ハーグ戦が行われバレンシアが所属するNECが2-1で競り勝った。バレンシアもSBとしてフル出場。

ウルグアイ戦の代表メンバー発表(04.8/20)
 スアレス監督は9月に行われるワールドカップ南米予選ウルグアイ戦代表メンバーを発表した。

 GK
  ハシント・エスピノーサ(LDUキト)
  ダミアン・ランサ(D・クエンカ)
  エドウィン・ビジャフェルテ(バルセロナ)

 DF
  イバン・ウルタド(パチュカ−メキシコ)
  ヘオバニー・エスピノサ(LDUキト)
  レナン・セル(アウカス)
  ウリセス・デ・ラ・クルス(アストン・ヴィラ−イングランド)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  ラウル・ゲロン(D・キト)

 MF
  レオナルド・ソレディスパ(バルセロナ)
  マルロン・アジョビ(D・キト)
  モイセス・カンデラリオ(エル・ナシオナル)
  アルマンド・パレデス(バルセロナ)
  エディソン・メンデス(サントス−メキシコ)
  ワルテル・アジョビ(バルセロナ)

 FW
  ホニー・バルデオン(D・キト)
  イバン・カビエデス(クリスタル・パレス−イングランド)
  アグスティン・デルガド(アウカス)
  カルロス・キノネス(D・クエンカ)
  カルロス・テノリオ(アル・サード−カタール)

 ゲロン、カンデラリオは久々の選出。オブレゴン、チャラは外れる。

カビエデスがクリスタル・パレスへ移籍(04.8/20)
 バルセロナFWのイバン・カビエデスが英プレミアシップ、クリスタル・パレスに1年レンタルで移籍した。移籍金は200万ポンド(約4億円)。なお、契約には即時完全移籍ができることも含まれている。
 カビエデスはセリエA、リーガ・エスパニョーラに続き3度目の欧州主要リーグ挑戦となる。

デ・ラ・クルスが契約更新(04.8/20)
 英プレミアシップ、アストン・ヴィラ所属の代表DFウリセス・デ・ラ・クルスがクラブ側との2年の契約延長にサインした。

スアレス氏が新代表監督就任(04.8/20)
 エクアドル代表監督を辞任したエルナン・ゴメス氏に代わりルイス・フェルナンド・スアレス氏が新代表監督に就任した。
 スアレス氏はコロンビア出身でマトゥラナ元コロンビア代表監督に学び、近年はアウカスの監督を務めていた。
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO