NEWS
※ニュースの内容等が万が一事実と異なっていても当サイトは一切責任を負いませんのでご了承ください

南米予選招集メンバー(09.8/28)
 W杯南米予選の招集メンバーが発表された。エクアドルは10月10日にホームでウルグアイ、14日にアウェーでチリと戦う。

 GK:
  ホセ・セバジョス(LDUキト)
  マルセロ・エリサガ(エメレク)
  クリスティアン・モラ(エル・ナシオナル)

 DF:
  ジョバンニ・エスピノサ(バルセロナSC)
  マルセロ・フレイタス(エメレク)
  イバン・ウルタド(デポルティボ・キト)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  パウル・アンブロッシ(ロサリオ・セントラル/アルゼンチン)
  ホルヘ・グアグア(エル・ナシオナル)
  ミゲル・イバラ(エスポリ)

 MF:
  ワルテル・アジョビ(モンテレー/メキシコ)
  セグンド・カスティージョ(ウォルバーハンプトン/イングランド)
  フェルナンド・イダルゴ(バルセロナSC)
  エディソン・メンデス(LDUキト)
  ジェフェルソン・モンテーロ(ビジャレアル/スペイン)
  クリスティアン・ノボア(ルビン・カザン/ロシア)
  クリスティアン・ララ(LDUキト)
  アントニオ・バレンシア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

 FW:
  クリスティアン・ベニテス(バーミンガム・シティ/イングランド)
  ホアオ・ロハス(エメレク)
  フェリペ・カイセド(スポルティング/ポルトガル)
  カルロス・テノリオ(アル・ナスル/UAE)
  エドムンド・スラ(エル・ナシオナル)

 現在、5位のアルゼンチンと勝ち点1差の4位。この2戦、重要すぎる試合です。


南米予選招集メンバー(09.8/28)
 W杯南米予選の招集メンバーが発表された。エクアドルは9月5日にアウェーでコロンビア、9日に同じくアウェーでボリビアと戦う。

 GK:
  ホセ・セバジョス(LDUキト)
  マルセロ・エリサガ(エメレク)
  クリスティアン・モラ(エル・ナシオナル)

 DF:
  ジョバンニ・エスピノサ(バルセロナSC)
  マルセロ・フレイタス(エメレク)
  イバン・ウルタド(デポルティボ・キト)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  パウル・アンブロッシ(ロサリオ・セントラル/アルゼンチン)
  ホルヘ・グアグア(エル・ナシオナル)
  ミゲル・イバラ(エスポリ)

 MF:
  ワルテル・アジョビ(モンテレー/メキシコ)
  セグンド・カスティージョ(無所属)
  フェルナンド・イダルゴ(バルセロナSC)
  エディソン・メンデス(LDUキト)
  ジェフェルソン・モンテーロ(ビジャレアル/スペイン)
  クリスティアン・ノボア(ルビン・カザン/ロシア)
  ダビド・キロス(エメレク)
  アントニオ・バレンシア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

 FW:
  クリスティアン・ベニテス(バーミンガム・シティ/イングランド)
  パブロ・パラシオス(バルセロナSC)
  ホアオ・ロハス(エメレク)
  カルロス・テノリオ(アル・ナスル/UAE)

 テノリオ、アンブロッシは今季から上記クラブへの移籍が決定。この2戦、W杯の切符を得るためにはとても重要な戦いです。

移籍情報(09.7/2)

 バレンシアがマンチェスター・ユナイテッドへ移籍決定!

 現在のエクアドル人選手欧州組

  アントニオ・バレンシア(マンチェスター・ユナイテッド/ENG)
   ウィガン・アスレティックから完全移籍

  ジョバンニ・エスピノサ(バーミンガム・シティ/ENG)
   バルセロナSCから完全移籍

  クリスティアン・ベニテス(バーミンガム・シティ/ENG)
   サントス・ラグーナから完全移籍

  ジェフェルソン・モンテーロ(ビジャレアル/ESP)
   インデペンデエンテ・ホセ・テランから完全移籍

  セグンド・カスティージョ(レッドスター・ベオグラード/SCG)
   レンタルで在籍していたエバートンからの復帰

 上記4人は今夏からの移籍。カスティージョは他クラブに移籍の可能性あり。

 以下は引き続き在籍中の欧州組。カイセドは移籍が濃厚。

  フェリペ・カイセド(マンチェスター・シティ/ENG)

  ホフレ・ゲロン(ヘタフェ/ESP)

  フェリックス・ボルハ(マインツ/GER)

  エディソン・メンデス(PSVアイントホーフェン/HOL)

  クリスティアン・ノボア(ルビン・カザン/RUS)

  ロリス・アラゴン(スタンダール・リエージュ/BEL)

 また、主要な中南米クラブ所属選手は

  ルイス・ボラーニョス(インテルナシオナル/BRA)
   今夏、サントスより移籍

  ワルテル・アジョビ(モンテレー/MEX)

  ペドロ・キニョネス(サントス・ラグーナ/MEX)


招集メンバー(09.5/31)
 W杯南米予選の招集メンバーが発表された。エクアドルは6月7日にアウェーでペルー、10日にホームでアルゼンチンと戦う。

 GK:
  マキシモ・バンゲーラ(バルセロナSC)
  マルセロ・エリサガ(エメレク)
  クリスティアン・モラ(エル・ナシオナル)

 DF:
  ハイロ・カンポス(LDUキト)
  ジョバンニ・エスピノサ(バルセロナSC)
  マルセロ・フレイタス(エメレク)
  イバン・ウルタド(ミジョナリオス/コロンビア)
  イサーク・ミナ(デポルティボ・キト)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)

 MF:
  ワルテル・アジョビ(モンテレー/メキシコ)
  セグンド・カスティージョ(エバートン/イングランド)
  フェルナンド・イダルゴ(バルセロナSC)
  エディソン・メンデス(PSVアイントホーフェン/オランダ)
  ジェフェルソン・モンテーロ(インデペンディエンテJT)
  クリスティアン・ノボア(ルビン・カザン/ロシア)
  ペドロ・キニョネス(サントス・ラグーナ/メキシコ)
  ダビド・キロス(エメレク)
  アントニオ・バレンシア(ウィガン・アスレティック/イングランド)

 FW:
  フェリペ・カイセド(マンチェスター・シティ/イングランド)
  ホフレ・ゲロン(ヘタフェ/スペイン)
  パブロ・パラシオス(バルセロナSC)
  ホアオ・ロハス(エメレク)
  カルロス・テノリオ(アル・サード/カタール)

移籍情報(09.5/1)
 2月以降の主なエクアドル人選手の移籍情報

 ・アグスティン・デルガド
   LDUキト→エメレク
 
 ・ウリセス・デ・ラ・クルス
   バーミンガム・シティ(ENG)→LDUキト

 ・ジェフェルソン・モンテーロ
   インデペンデエンテ・ホセ・テラン→ビジャレアル(ESP)
   ※移籍は夏のマーケットが開き次第の移籍

 デ・ラ・クルスはおよそ10年ぶりの古巣復帰。モンテーロはスペインでの活躍が期待される。

W杯南米予選(09.3/29)
 W杯南米予選に招集されるメンバーが発表された。エクアドル代表は3月29日(現地時間)にホームでブラジルと、4月1日に同じくホームでパラグアイと対戦する。

 GK:
  ホセ・セバジョス(LDUキト)
  マキシモ・バンゲーラ(エスポリ)
  マルセロ・エリサガ(エメレク)

 DF:
  イバン・ウルタド(ミジョナリオス/コロンビア)
  ホルヘ・グアグア(バルセロナSC)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  パウル・アンブロッシ(LDUキト)
  ジョバンニ・エスピノサ(バルセロナSC)
  イサーク・ミナ(デポルティボ・キト)
  デイソン・メンデス(エスポリ)
  ハイロ・カンポス(LDUキト)
  ミゲル・イバラ(エスポリ)

 MF:
  パトリシオ・ウルティア(LDUキト)
  セグンド・カスティージョ(エバートン/イングランド)
  ワルテル・アジョビ(モンテレー/メキシコ)
  エディソン・メンデス(PSVアイントホーフェン/オランダ)
  クリスティアン・ノボア(ルビン・カザン/メキシコ)
  アントニオ・バレンシア(ウィガン・アスレティック/イングランド)
  ダビド・キロス(エメレク)

 FW:
  パブロ・パラシオス(バルセロナSC)
  クリスティアン・ベニテス(サントス・ラグーナ/メキシコ)
  フェリペ・カイセド(マンチェスター・シティ/イングランド)
  ホフレ・ゲロン(ヘタフェ/スペイン)
  ワルテル・カルデロン(LDUキト)
  ホアオ・ロハス(エメレク)

 バレンシアは怪我で出場が微妙な状況。MF&FW陣とは対照的なDF陣の海外組みの少なさが層の薄さを端的に表している。

U20メンバー&移籍情報(09.1/22)
現在ベネズエラにおいて開催中のU20南米選手権2009のエクアドル代表メンバー

 GK:
  マヌエル・メンドーサ・レサバラ(LDUポルトビエホ)
  ジョナサン・ボニージャ・バロス(ロカフエルテFC)

 DF:
  ウィルソン・フォジェコ・モラレス(インバブラ)
  ミチャエル・カストロ・カデナ(デポルティボ・キト)
  デイソン・メンデス・ロセロ(LDUキト)
  ハミルトン・チャシ・ゲレーロ(デポルティボ・クエンカ)
  ファン・カルロス・アナンゴノ(エル・ナシオナル)
  ハリンソン・ゴメス・アルバレス(ロカフエルテFC)
  マルコス・カイセド・カイセド(エメレク)

 MF:
  イスラエル・チャンゴ・ジャマミージョ(LDUキト)
  ジェフェルソン・ピント・キロス(エメレク)
  ジェフェルソン・モンテーロ・ビテ(エメレク)
  フィデル・マルティネス・テノリオ(クルゼイロ/ブラジル)
  ミケ・ロドリゲス・ソルノサ(バルセロナSC)
  ステーベン・サモラ・パロミノ(デポルティボ・アソゲス)
  ファブリコ・ゲバラ・チャンガ(エル・ナシオナル)

 FW:
  マルロン・デ・ヘスス・パボン(エル・ナシオナル)
  ジョアオ・ロハス・メンドーサ(テクニコU)
  ファン・ルイス・アナンゴノ(バルセロナSC)

エクアドルは19日の初戦はペルーに2-1で勝利。ロハスが2ゴール。次は23日にコロンビア戦が控えている。出場10カ国中、上位4カ国が今年9月にエジプトで行われるワールドユースの出場権を得る。

冬のマーケットでの主なエクアドル人移籍情報

 ワルテル・アジョビ エル・ナシオナル→モンテレー(メキシコ)
 ジョバンニ・エスピノサ クルゼイロ(ブラジル)→バルセロナSC
 ペドロ・キニョネス エル・ナシオナル→サントス・ラグーナ(メキシコ)

移籍情報&W杯南米予選(08.8/10)
 イングランド・プレミアリーグ、エバートンの公式HPによると、セグンド・カスティージョ(レッドスター・ベオグラード/セルビア)のエバートンへの移籍が合意に至った模様。メディカルチェックを受け次第、チームに合流する。

 W杯南米予選に招集されるメンバーが発表された。エクアドル代表は9月6日にホームでボリビアと、9月10日にアウェーでウルグアイと対戦する。

 GK:
  ホセ・セバジョス(LDUキト)
  マキシモ・バンゲーラ(エスポリ)
  マルセロ・エリサガ(エメレク)

 DF:
  イバン・ウルタド(ミジョナリオス/コロンビア)
  オマール・デ・ヘスス(バルセロナSC)
  カルロス・カストロ(バルセロナSC)
  ホルヘ・グアグア(バルセロナSC)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  パウル・アンブロッシ(LDUキト)
  イサーク・ミナ(デポルティボ・キト)
  ジョバンニ・エスピノサ(クルゼイロ)

 MF:
  パトリシオ・ウルティア(LDUキト)
  ルイス・ボラーニョス(LDUキト)
  ホセ・ルイス・コルテス(デポルティボ・キト)
  セグンド・カスティージョ(レッドスター・ベオグラード/セルビア)
  フェルナンド・イダルゴ(バルセロナSC)
  ワルテル・アジョビ(エル・ナシオナル)
  エディソン・メンデス(PSVアイントホーフェン/オランダ)

 FW:
  パブロ・パラシオス(バルセロナSC)
  クリスティアン・ベニテス(サントス・ラグーナ/メキシコ)
  フェリペ・カイセド(マンチェスター・シティ/イングランド)
  ホフレ・ゲロン(ヘタフェ/スペイン)
  フェリックス・ボルハ(マインツ/ドイツ)

 アントニオ・バレンシア(ウィガン・アスレティック/イングランド)は怪我でボリビア戦の出場は絶望的だが、ウルグアイ戦に向けて招集される可能性あり。カルロス・テノリオ(アル・サード/カタール)は当初招集されていたが、靭帯を断裂し、全治6ヶ月ということでボルハが代替的に呼ばれた。また、その怪我のためASモナコとの移籍交渉も破談に。

移籍情報等(08.8/10)
 レディングに所属していたウリセス・デ・ラ・クルスは昨季イングランド、チャンピオンシップ(2部)6位だったワトフォードFCに移籍する模様。トライアルでブースロイド監督にアピールできたが大きな要因らしい。契約期間は1年間。移籍金等は不明。

 LDUキトのパトリシオ・ウルティアにはリベルタドーレスの決勝で戦ったフルミネンセやイタリア、セリエBのビチェンツァからオファーが来ている模様。リーガのフロントの意向とは相反して、本人は年齢的にも海外でプレーする最後のチャンスと思っているらしく、移籍希望のようである。せめて、12月の来日まではプレーしていてほしいのだが・・・。

MVP!(08.7/31)
 メキシコのサントス・ラグーナに所属するクリスティアン・ベニテスがメキシカンリーグ・クラウスーラ2008(2008年度前期)のMVPに輝いた。ベニテスはエースとしてチームを牽引。見事、クラウスーラ2008の王者となっていた。

 2008年前期はバルセロナSCでプレーしたインバブラのFWエドムンド・スラのAリーグ(オーストラリアリーグ)一部のニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツ移籍が決定した模様。契約期間は4年間。ビザが取得でき次第、オーストラリアに渡る模様。

 サンパウロのネイセル・レアスコはLDUキトに2年ぶりに復帰した。LDUキトとしてはゲロンの抜けた右サイドを埋める補強となった。

移籍情報(08.7/16)
 ホフレ・ゲロン(LDUキト)は4年契約でスペイン、リーガ・エスパニョーラのヘタフェへ移籍。

 セグンド・カスティージョ(レッドスター・ベオグラード/セルビア)はイングランド、プレミアリーグのブラックバーン・ローバーズへの移籍が濃厚。

 レディングを退団したウリセス・デ・ラ・クルスはイングランド、チャンピオンシップ(2部)のQPRへ移籍濃厚。

 カルロス・テノリオ(アル・サード)はフランス、リーグアンのASモナコか、オランダ、エールディビジのAZアルクマール移籍か。

←移籍会見のゲロン

南米予選情報(08.6/1)
 ビスエテ監督は6月15日のW杯南米予選アルゼンチン戦(アウェー)と18日のコロンビア戦(ホーム)に向けた23人を発表した。

 GK:
  ホセ・フランシスコ・セバジョス(LDUキト)
  マルセロ・エリサガ(エメレク)
  マキシモ・バンゲーラ(エスポリ)

 DF:
  ウリセス・デ・ラ・クルス(レディング/イングランド)
  オマール・デ・ヘスス(バルセロナSC)
  カルロス・カストロ(バルセロナSC)
  イバン・ウルタド(バルセロナSC)
  イサーク・ミナ(デポルティボ・キト)
  ハイロ・カンポス(LDUキト)
  ジョバンニ・エスピノサ(クルゼイロ/ブラジル)
  パウル・アンブロッシ(LDUキト)

 MF:
  セグンド・カスティージョ(レッドスター・べオグラード/セルビア)
  ダビド・キロス(バルセロナSC)
  アントニオ・バレンシア(ウィガン・アスレティック/イングランド)
  ルイス・フェルナンド・サリタマ(デポルティボ・キト)
  ワルテル・アジョビ(エル・ナシオナル)
  エディソン・メンデス(PSVアイントホーフェン/オランダ)
  ルイス・ボラーニョス(LDUキト)
  パトリシオ・ウルティア(LDUキト)

 FW:
  フェリペ・カイセド(マンチェスター・シティ/イングランド)
  カルロス・テノリオ(アル・サード/カタール)
  クリスティアン・ベニテス(サントス・ラグーナ/メキシコ)
  ジョフレ・ゲロン(LDUキト)

 先日の親善試合メンバーに海外組とLDU勢が加わった。ここ最近招集も無く、クラブでも干されていたデ・ラ・クルスの代表復帰も驚くべきことだが、まさかのセバジョス代表復帰はビッグニュースだろう。試合に出るとなるならば公式戦ならほぼ4年ぶりとなる。

親善試合情報(08.5/23)
 ビスエテ監督は27日にフランス・グルノーブルで行われるフランス戦に向けたメンバー18名を発表した。

 GK:
  マルセロ・エリサガ(エメレク)
  マキシモ・バンゲーラ(エスポリ)

 DF:
  オマール・デ・ヘスス(バルセロナSC)
  カルロス・カストロ(バルセロナSC)
  イバン・ウルタド(バルセロナSC)
  イサーク・ミナ(デポルティボ・キト)
  ガブリエル・アチリエル(デポルティボ・アソゲス)

 MF:
  セグンド・カスティージョ(レッドスター・べオグラード/セルビア)
  ダビド・キロス(バルセロナSC)
  ペドロ・キニョネス(エル・ナシオナル)
  ホセ・ルイス・コルテス(オルメド)
  アントニオ・バレンシア(ウィガン・アスレティック/イングランド)
  ルイス・フェルナンド・サリタマ(デポルティボ・キト)
  ワルテル・アジョビ(エル・ナシオナル)
  クリスティアン・ララ(バルセロナSC)

 FW:
  フェリペ・カイセド(マンチェスター・シティ/イングランド)
  カルロス・テノリオ(アル・サード/カタール)
  フェリックス・ボルハ(マインツ/ドイツ)

 このメンバーにコパ・リベルタドーレス参加中のLDUキト勢、シーズン中のクリスティアン・ベニテス(サントス・ラグーナ/メキシコ)、ジョバンニ・エスピノサ(クルゼイロ/ブラジル)、突然の代表引退宣言を撤回したばかりのエディソン・メンデス(PSVアイントホーフェン/オランダ)らが加わり、来月6月のW杯予選に臨むものと思われる。

移籍情報(08.2/1)
 フェリペ・カイセド(バーゼル/スイス)はイングランド、プレミアリーグのマンチェスター・シティへの移籍が決まった。契約期間は4年半。

 ジョバンニ・エスピノサ(フィテッセ/オランダ)はブラジルの名門クルゼイロへ半年間のレンタル移籍。成績次第では完全移籍できる契約である。

 バルセロナSCにはイバン・ウルタド(アトレティコ・ナシオナル/コロンビア)とクリスティアン・ララ(LDUキト)、ホルヘ・グアグア(エメレク)が加入。

 イバン・カビエデス(エル・ナシオナル)はLDUキトへ。

スアレス監督(07.11/27)
 スアレス監督は退任会見で、「私を支持し、育ててくれた全ての人に感謝したい。エクアドル代表が勝つためには私が辞任しなければならなかった」と、感極まって溢れる涙を抑えながら語った。無念の退任となってしまったが、エクアドル史上初のW杯ベスト16を成し遂げた名監督としての評価が揺らぐことは決して無いだろう。いくつか監督のオファーも来ているが今後しばらくは家族と過ごして休養するという。


久々の勝利!(07.11/23)
 エクアドル代表は21日、2010W杯南米予選第4節をキトのオリンピコ・アタワルパでペルーと戦い、5-1の勝利を収めた。開始早々から攻め立てるエクアドルは10分にワルテル・アジョビがPA付近のFKを左足で決めて先制。24分にはベニテスの浮かしたパスにカビエデスがタイミング良く飛び出し、追加点を決める。44分には再びベニテスのクロスからメンデスが合わせ、ダメ押しの3点目。後半開始直後の48分、アジョビは鋭いグラウンダーのミドルを放ち、キーパーの手に掠りながらもダメ押しの4点目。62分にはメンデスがサイドライン際から不規則回転のシュートを放ち、相手キーパーはうまく反応できず5-0とする。後半終了間際に失点したものの、エクアドルは終始危なげない戦いぶりだった。

エクアドル;
エリサガ(ビジャフエルテ'66)、O・デ・ヘスス、ウルタド、エスピノサ、アンブロッシ、キロス、カスティージョ、W・アジョビ、メンデス、ベニテス(モンテロ'85)、カビエデス(ウルティア'68)

パラグアイ戦を終え、新監督就任へ・・・(07.11/19)
 スアレス監督はパラグアイに1-5の大敗を喫した直後、辞任を表明した。新監督にはシクスト・ビスエテ(Sixto Vizuete)氏が就任した。早速ビスエテ新監督はCBのイバン・ウルタド(アトレティコ・ナシオナル/コロンビア)と18歳の若きMFジェフェルソン・モンテロを追加招集した。氏は今年の7月にブラジルで行われたパン・アメリカ大会でエクアドルU-18代表を優勝に導いた実力者。今のままでは可能性は限りなく低いが、何とかW杯3連続出場に向けて体勢を持ち直してほしい。
 スアレス前監督は世代交代をスムーズに進めることができず、指導もマンネリ化したことが無念の辞任の原因となっただろう。

南米予選パラグアイ、ペルー戦(07.11/14)
 スアレス監督は17日のパラグアイ戦、21日のペルー戦に向けた23人を発表した。

 GK:
  マルセロ・エリサガ(エメレク)
  ハビエル・クリモビッツ(デポルティボ・クエンカ)
  エドウィン・ビジャフエルテ(デポルティボ・キト)

 DF:
  ハイロ・モンターニョ(バルセロナ)
  ジョバンニ・エスピノサ(フィテッセ/オランダ)
  ホルヘ・グアグア(エメレク)
  ハイロ・カンポス(LDUキト)
  オスカル・バギ(オルメド)
  パウル・アンブロッシ(LDUキト)
  カルロス・カストロ(エル・ナシオナル)
  オマール・デ・ヘスス(エル・ナシオナル)

 MF:
  セグンド・カスティージョ(レッド・スター/セルビア)
  パトリシオ・ウルティア(LDUキト)
  アントニオ・バレンシア(ウィガン/イングランド)
  ダビド・キロス(エル・ナシオナル)
  エディソン・メンデス(PSV/オランダ)
  クリスティアン・ララ(LDUキト)
  ワルテル・アジョビ(エル・ナシオナル)
  アレックス・ボラーニョス(バルセロナ)

 FW:
  クリスティアン・ベニテス(サントス・ラグーナ/メキシコ)
  イバン・カビエデス(エル・ナシオナル)
  フェリペ・カイセド(バーゼル/スイス)
  エベリオ・オルドニェス(エル・ナシオナル)
  ホルヘ・ラディネス(エメレク)

 スアレス監督が“改革”に踏み切った。90年代からほぼ全ての公式戦に出場しているウルタドとデ・ラ・クルスがついに外れた。W杯でエースの座を不動のものしたと思われたカルロス・テノリオもメンバー漏れ。結果を出せなければ解雇の可能性が非常に高くなるスアレス監督は正念場である。

ブラジル戦を終えて・・・(07.10/21)
 ブラジルに大敗し、国内で辞任すべきとの声も出ているスアレス監督は今のところ辞めるつもりは全く無いとの事。また、併せてアグスティン・デルガドの代表復帰も切望しているらしい。ただ、コパ・アメリカから今回のブラジル戦までで露呈した問題点はデルガドが復帰したら解決するほど単純なものではない。
 また、19日にはアレックス・アギナガのお別れ試合が行われる。バルデラマ、エチェベリ、アスプリージャ、サモラノなど南米の往年の名プレーヤーが結集した「アギナガ・フレンズ」と現代表国内組が対戦する。

ベネズエラ戦の結果(07.10/16)
 エクアドル代表は2010年南アフリカW杯南米予選第1節をベネズエラとキトで戦い、ベネズエラのCBレイに超ロングFKを決められ、0-1の敗北を喫した。守備陣は健闘していたが如何せんフィニッシュの精度が悪すぎ、特にカルロス・テノリオがW杯時の活躍が嘘のような低調ぶり…。本当に今後が不安すぎるスタートとなった。フェリペ・カイセドを呼ばなかったスアレス監督の責任論も国内で噴出している。
 また、クリモビッツまで練習中に負傷し、先発はなんと先日追加招集されたばかりのビテリに。またモラがクリモビッツの代替選手として招集された。

エクアドル0-1ベネズエラ
ビテリ;デ・ラ・クルス、ウルタド、エスピノサ、バギ(キロス);カスティージョ、メンデス、バレンシア(ボルハ)、ララ(W・アジョビ);ベニテス、C・テノリオ

ベネズエラ戦に向けて(07.10/13)
 エクアドルサッカー協会(FEF)は、今回の南米予選に使用する新ユニフォームを発表した。サプライヤーはいつも通りエクアドル国内のmarathon社。国内メーカーを採用することは代表の“一体感”において大きくプラスに作用すると思う。デザインは、アシメである点なんかを見ると前デザインのマイナーチェンジだと言えるだろう。


 バレンシアのケガが完治したのは嬉しいニュースだが、スタメンで起用される予定であったGKエリサガは代表練習中にジョフレ・ゲロンと激突し、首と頭に怪我を負ったのでベネズエラ戦はもとよりブラジル戦も出場不可能に。替わりにダニエル・ビテリ(デポルティボ・キト)が公式戦では久々の招集。また、カビエデスとルイス・カイセドは怪我のため代表を辞退。代替選手として若手MFホルヘ・ラディネス(エメレク)、アレックス・ボラーニョス(バルセロナ)が追加招集された。
 ベネズエラ戦のスタメンは、
 クリモビッツ;デ・ラ・クルス、エスピノサ、ウルタド、バギ;カスティージョ、メンデス、バレンシア、ララ;C・テノリオ、ベニテス
 と予想される。

 8月にイタリア・セリエBのACアレッツォをクビになっていたGKダミアン・ランサが9月下旬になんとセリエAの古豪ジェノアと1年契約を交わしていたことが明らかになった。これでランサはカビエデス以来8年ぶり2人目にエクアドル人セリエAプレイヤーとなった。

南米予選ベネズエラ、ブラジル戦(07.10/3)
 遂に2010年W杯南米予選が開幕する。スアレス監督は13日のキトでのベネズエラ戦、17日のリオデジャネイロでのブラジル戦に向けた23人を発表した。

 GK:
  マルセロ・エリサガ(エメレク)
  ハビエル・クリモビッツ(デポルティボ・クエンカ)

 DF:
  ウリセス・デ・ラ・クルス(レディング/イングランド)
  ハイロ・モンターニョ(バルセロナ)
  イバン・ウルタド(アトレティコ・ナシオナル/コロンビア)
  ジョバンニ・エスピノサ(フィテッセ/オランダ)
  ホルヘ・グアグア(エメレク)
  ハイロ・カンポス(LDUキト)
  オスカル・バギ(オルメド)
  ホセ・アギーレ(エメレク)

 MF:
  セグンド・カスティージョ(レッド・スター/セルビア)
  パトリシオ・ウルティア(LDUキト)
  アントニオ・バレンシア(ウィガン/イングランド)
  ルイス・カイセド(オルメド)
  ダビド・キロス(エル・ナシオナル)
  エディソン・メンデス(PSV/オランダ)
  クリスティアン・ララ(LDUキト)
  ワルテル・アジョビ(エル・ナシオナル)

 FW:
  カルロス・テノリオ(アル・サード/カタール)
  クリスティアン・ベニテス(サントス・ラグーナ/メキシコ)
  フェリックス・ボルハ(マインツ/ドイツ)
  ジョフレ・ゲロン(LDUキト)
  イバン・カビエデス(エル・ナシオナル)

 正キーパーだったモラは完全にスアレス監督の信頼を失ったようである。エリサガ、クリモビッツのどちらが先発になるかは不明。バレンシアは今のところケガが完治してないので、実際に試合に出場できるかは未知数である。フェリペ・カイセドが漏れたのはサプライズか。カビエデス、ゲロンの招集は意外だった。

移籍情報(07.9/23)
 バルセロナのMF、ミジェル・ボラーニョス(17)は現在スイスに滞在し、フェリペ・カイセドや中田浩二が所属する名門クラブ・バーゼルで練習をしている。実際に入団するかどうかは今のところ不明である。

 LDUキトに所属していたDFデイソン・メンデスはイタリア・セリエA昨季王者のインテルのユースチームに所属いるようだが、正確なソースが無く、詳しいところは不明。

優勝!(07.7/30)
 ブラジルで行われているパン・アメリカ大会のサッカー決勝戦は27日マナオスで行われた。決勝戦のカードはU-17エクアドル代表対ジャマイカ代表。エクアドルは準々決勝ではU-17ブラジル代表を破る快挙も成し遂げている。ジャマイカに先制されたエクアドルだったが、33分にモンテーロのゴールで同点に追いつくと38分にはスラが決勝点を奪い2-1で勝利を修め、見事金メダルを獲得した。年代を問わず、エクアドル代表が大規模な公式大会で優勝を飾るのは初めてではないだろうか。ちなみにスラとバンゲーラはオーバーエイジとなっている。

エクアドル
バンゲーラ;フォジェコ、D・メンデス、M・カストロ、チャシ;ピント、チャンホ、C・デルガド(オチョア)、マルティネス(ゲバラ)、モンテーロ(アルシバル);スラ

移籍情報等(07.7/17)
 フランクリン・サラス(LDUキト)がセルビアリーグ昨季覇者レッド・スター・ベオグラードとの契約を結んだ模様。契約の詳細はまだ不明。ケガなどで表舞台に立つことのできなかったサラスは年齢的にもギリギリのタイミングでなんとか掴んだこのチャンスを足がかりに飛躍できるのか。ただ、同チームに所属するセグンド・カスティージョは他チームに移籍する公算が高くなっている。

 また、若手有望株のFWクリスティアン・ベニテス(エル・ナシオナル)にはメキシコリーグのサントス・ラグーナに移籍の可能性大。サントスはメンデスの在籍経験がある。

コパ・アメリカ代表メンバー(07.6/11)
 スアレス監督は6月26日からベネズエラで行われるコパ・アメリカのエクアドル代表招集メンバーを発表した。注目すべき点はカビエデス、サラス、アンブロッシが外れた点とワルテル・アジョビ、パラシオスの招集である。W・アジョビは2004年のブラジル戦では10番を背負ったほどのMFだがここ数年はほとんど招集されなかった。

 GK:
  クリスティアン・モラ(LDUキト)
  マルセロ・エリサガ(エメレク)

 DF:
  ウリセス・デ・ラ・クルス(レディング/イングランド)
  ネイセル・レアスコ(サンパウロ/ブラジル)
  オスカル・バグイ(オルメド)
  イバン・ウルタド(アトレティコ・ナシオナル/コロンビア)
  ジョバンニ・エスピノサ(フィテッセ/オランダ)
  ホルヘ・グアグア(コロン/アルゼンチン)
  レナン・カジェ(LDUキト)

 MF:
  エディソン・メンデス(PSV/オランダ)
  アントニオ・バレンシア(ウィガン/イングランド)
  セグンド・カスティージョ(レッド・スター/セルビア)
  エドウィン・テノリオ(LDUキト)
  パトリシオ・ウルティア(LDUキト)
  ダビド・キロス(エル・ナシオナル)
  ワルテル・アジョビ(エル・ナシオナル)
  ルイス・カイセド(オルメド)

 FW:
  カルロス・テノリオ(アル・サード/カタール)
  フェリックス・ボルハ(オリンピアコス/ギリシャ)
  クリスティアン・ベニテス(エル・ナシオナル)
  フェリペ・カイセド(バーゼル/スイス)
  パブロ・パラシオス(デポルティボ・キト)


移籍情報等(07.5/9)
 U-17のキャプテンを務めるディフェンダー、デイソン・メンデス(LDUキト)がイタリア・セリエAの強豪インテル・ミラノとの契約を来週中にも交わす可能性がある模様。契約期間は5年で、最初は下部チームでのプレーとなる見込み。

 また、ドイツW杯でドイツ戦に出場した有望株のFWクリスティアン・ベニテス(エル・ナシオナル)にはロシアリーグのディナモ・モスクワからオファーが届いている。ディナモ・モスクワは近年、大富豪が買収し、豊富な資金の下でチーム強化を図っている。

親善試合招集メンバー(07.3/14)
 スアレス監督は25日にタンパ(アメリカ)で行われるアメリカ戦と28日にオークランド(アメリカ)で行われるメキシコ戦に招集するメンバーを発表した。これらの選手は今年開催されるコパ・アメリカの中心メンバーになると思われる。

 GK:
  ロリス・アラゴン(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
  ジョバンニ・カマーチョ(バルセロナ)

 DF:
  ウリセス・デ・ラ・クルス(レディング/イングランド)
  ネイセル・レアスコ(サンパウロ/ブラジル)
  オスカル・バギュイ(オルメド)
  イバン・ウルタド(アトレティコ・ナシオナル/コロンビア)
  ホルヘ・グアグア(コロン/アルゼンチン)
  ジョバンニ・エスピノサ(フィテッセ/オランダ)

 MF:
  セグンド・カスティージョ(レッドスター/セルビア)
  アントニオ・バレンシア(ウィガン/イングランド)
  ルイス・カイセド(オルメド)
  エデル・ヴァカ(デポルティボ・キト)
  ルイス・フェルナンド・サリタマ(クラブ・アメリカ/メキシコ)
  エディソン・メンデス(PSV/オランダ)

 FW:
  フェリペ・カイセド(バーゼル/スイス)
  カルロス・テノリオ(アル・サード/カタール)
  フェリックス・ボルハ(オリンピアコス/ギリシャ)
  エドムンド・スラ(インバブラ)

移籍情報等(06.9/16)
 メンデスは紆余曲折の末、オランダ・エールディビジ昨季覇者PSVに移籍。合流して数日後のリーグ戦第3節ウィレムII戦ではスタメン出場し2ゴールを上げ上々のオランダデビューを飾った。ウィレムII所属のホセ・バレンシアは左サイドバックとしてフル出場。また、9月12日の欧州クラブ王者を決めるチャンピオンズリーグ・リバプール戦では結果は0-0だったもののフル出場で攻守に渡り活躍し、UEFA選定のMan of the MATCHに選定された。これでメンデスはエクアドル人初のチャンピオンズリーガーとなった。オリンピアコスのボルハに出場機会はなかった。

 イバン・ウルタドはカタールのアル・アリに移籍。クリスティアン・ララはエル・ナシオナルからカタールのアル・ワクラへと移籍。

 ウリセス・デ・ラ・クルスは2002シーズンから所属したアストン・ヴィラを離れ、イングランド・プレミアリーグのレディングに移籍。

 スイスリーグ、バーゼルの練習生だったフェリペ・カイセドは9月5日に晴れて18歳の誕生日を迎えたためバーゼルと正式契約。バーゼルには日本代表の中田浩二も所属している。

 セグンド・カスティージョ(エル・ナシオナル)はセルビアリーグ昨季覇者レッドスター・ベオグラードに2年契約で移籍。レッドスターには鈴木隆行が所属している。

 カビエデスは母国バルセロナへ復帰。

移籍情報等(06.8/12)
 代表MFルイス・アントニオ・バレンシア(ビジャレアル)は1年間ローンでイングランド、プレミアリーグのウィガンへ移籍。

 代表MFエディソン・メンデス(LDUキト)はオランダのPSV移籍が合意に達しかけていたが破談。残る移籍先はパナシナイコスかLDUキト残留か。

 エル・ナシオナルのGK、ロリス・アラゴンがベルギーリーグのスタンダール・リエージュへ移籍。

 カビエデスはバルセロナ、エメレク、エル・ナシオナルと、国内リーグのクラブが興味。また、中東への移籍の可能性も。

 W杯で3試合に出場したCBホルヘ・グアグアはアルゼンチンリーグのコロンへ移籍。

 イバン・ウルタドは最低でもあと1年は現所属クラブのアル・サードに残留する公算が高い。

 代表MFルイス・サリタマがデポルティボ・キトからメキシコリーグ・ティグレスへ移籍。主力として期待されているが、先日のFCバルセロナとの親善試合ではPKを外す。

 デ・ラ・クルス(アストン・ヴィラ)はイングランド2部のイプスウィッチ・タウンでトレーニングをしている。

 レアスコがブラジルリーグの名門・サンパウロへの移籍会見。


移籍情報等(06.7/21)
 代表DFホセ・ペルラサがベルギーのスタンダール・リエージュに移籍が濃厚。チャンピオンズリーグに出場できる可能性も。

 代表FWフェリックス・ボルハのオリンピアコスでの背番号は18。

 また、カスティージョ、デルガド、ウルタド、メンデス、グアグアなどに欧州移籍の噂があり。

移籍情報(06.5/1)
 代表FWフェリックス・ボルハ(エル・ナシオナル)のギリシャリーグ、オリンピアコスへの移籍が決まった模様。4年契約でW杯後の入団となる。オリンピアコスはリバウドも所属している名門チーム。現在ギリシャリーグ首位で来年度のチャンピオンズリーグ出場権を得る可能性も高い。

いろいろニュース(06.4/22)
 遅れましたが、2004年のコパ・アメリカ限りで代表を引退していたアレックス・アギナガ(LDUキト)は2005年限りで現役引退をしてます。

 また、FIFAworldcup.comによると、W杯初戦のポーランド戦に臨むイレブンのうち、10人は既にスアレス監督の脳内では決定済みだという。唯一未確定なのはデルガドのパートナーだろうか。

日本が勝利!(06.3/30)
 −抜粋−サッカーのキリンチャレンジカップ2006は30日、大分市の九州石油ドームで行われ、日本がエクアドルを1−0で降し、ジーコ監督下で南米勢に初勝利を挙げた。日本は後半40分、交代出場の佐藤が決勝点を決めた。(Yahoo!スポーツ)
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060330&a=20060330-00000119-mai-spo

日本:川口;坪井、宮本、中澤;加地、福西、小野、三都主、小笠原;久保(佐藤)、玉田(巻)
エクアドル:モラ;ジョルジ、ペルラサ、エスピノサ、コルテス;M・アジョビ、E・テノリオ、ソレディスパ、ウルティア(サリタマ);カルデロン(フィゲロア)、バルデオン

 これでカルデロン、バルデオン、フィゲロアは見限られましたね。ジョルジは良かったですが、なんせもう32歳。ペルラサは意外と23人に入るかもって感じでした。三都主がスカスカサイドをガンガン突いてましたね。佐藤は良かったですが玉田は・・・。

バレンシアまで・・・(06.3/29)
 −以下抜粋−また、スペインでプレーするMFバレンシア(レクレアティボ・ウエルバ)が、乗り継ぎの失敗で来日しないことが決まった。(日刊スポーツ)
http://germany2006.nikkansports.com/japan/jp060328-0013.html

 ありえないです!ホントに。バレンシアの欠場でオフェンス陣の選手が“ありえない”としか形容のしようがない状態になりました・・・サイドバックも“ありえない”。

確定したメンバーのまとめ

 GK:
  クリスティアン・モラ(LDUキト)
  エドウィン・ビジャフエルテ(バルセロナ)

 DF:
  ヘオバニー・エスピノサ(LDUキト)
  ホセ・ルイス・ペルラサ(オルメド)
  ファン・トリビノ(エメレク)
  フリクソン・ジョルジ(バルセロナ)
  ホセ・コルテス(エスポリ)

 MF:
  マルロン・アジョビ(デポルティボ・キト)
  エドウィン・テノリオ(バルセロナ)
  パトリシオ・ウルティア(LDUキト)
  レオナルド・ソレディスパ(バルセロナ)
  ルイス・サリタマ(デポルティボ・キト)
  ルイス・カイセド(オルメド)

 FW:
  ワルテル・カルデロン(デポルティボ・クエンカ)
  グスタボ・フィゲロア(エル・ナシオナル)
  ホニー・バルデオン(バルセロナ)

ああ・・・

レアスコまで・・・(06.3/27)
 エクアドルサッカー協会によると、日本遠征メンバーだったネイセル・レアスコ(LDU)も怪我のため、来日を辞退したという。このため、ディフェンスラインに主力はエスピノサ1人となった。

残念なお知らせII(06.3/24)
 メンデス、アンブロッシに加えカビエデスも所属クラブの都合のため来日を辞退。代替選手としてフリクソン・ジョルジ(バルセロナ)、ルイス・カイセド(オルメド)、ホセ・コルテス(エスポリ)が来日することが決まった。

残念なお知らせ(06.3/23)
 日本遠征に召集されるはずだった、メンデス、アンブロッシ、サリタマは怪我などのため来日を見送る見込みだという。代わりとしてイサク・ミナ(エスポリ)、フリクソン・ジョルジ(バルセロナ)、マウリシロ・カベラス(エスポリ)の名前が挙がっている。

 この3人の出場辞退は非常に痛いです・・・。代わりの選手は、ジョルジだけかろうじて知っていますが、あとの2人は、誰?といったところが正直な感想です。

日本遠征招集メンバー発表!(06.3/17)
 スアレス監督は、30日の日本戦に召集する18選手を発表した。デルガドは膝の状態を考慮し、召集されなかった。

 GK:
  クリスティアン・モラ(LDUキト)
  エドウィン・ビジャフエルテ(デポルティボ・キト)

 DF:
  ヘオバニー・エスピノサ(LDUキト)
  ホセ・ルイス・ペルラサ(オルメド)
  ファン・トリビノ(エメレク)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  パウル・アンブロッシ(LDUキト)

 MF:
  マルロン・アジョビ(デポルティボ・キト)
  エドウィン・テノリオ(バルセロナ)
  パトリシオ・ウルティア(LDUキト)
  レオナルド・ソレディスパ(バルセロナ)
  アントニオ・バレンシア(レクレアティボ・ウエルバ/スペイン)
  エディソン・メンデス(LDUキト)
  ルイス・サリタマ(デポルティボ・キト)

 FW:
  イバン・カビエデス(アルヘンティノス/アルゼンチン)
  ワルテル・カルデロン(デポルティボ・クエンカ)
  グスタボ・フィゲロア(エル・ナシオナル)
  ホニー・バルデオン(バルセロナ)

デ・ラ・クルス、デルガド、ウルタドがいないのが残念ですが、スアレス監督も結構本気モードっぽいかも。

日本戦の詳細(06.2/28)
大会名称 :KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006
主  催 :財団法人日本サッカー協会
主  管 :社団法人大分県サッカー協会
特別協賛 :キリンビール株式会社
日本代表オフィシャルスポンサー :キリンビール株式会社
                 キリンビバレッジ株式会社
日本代表オフィシャルサプライヤー:アディダス ジャパン株式会社
日  時 :2006年3月30日(木) 19時20分キックオフ(予定)
会  場 :大分・大分スポーツ公園総合競技場 ビッグアイ
対  戦 :日本代表 対 エクアドル代表
テレビ放送:TBS系列にて全国生中継

詳しくはこちらで
http://www.jfa.or.jp/

W杯組み合わせ決定(05.12/10)
 2006FIFAW杯組み合わせ抽選会が、9日ドイツで行われ、予選グループの組み分けが決定した。エクアドルはドイツ、コスタリカ、ポーランドと同居するA組。

カビエデス移籍等(05.11/12)
 バルセロナを解雇され移籍先を探していたFWイバン・カビエデスのアルヘンティノス入団が決定した。アルヘンティノスはアルゼンチン一部リーグのチームで、今季は好調を持続させリーグ上位につけている。

 また、FWフェリックス・ボルハ(エル・ナシオナル)のブラジルの名門パルメイラス移籍が報じられたが、パルメイラス側は否定している模様。

 MFクリスティアン・ララ、セグンド・カスティージョ(共にエル・ナシオナル)には中東のチームが興味を示している。

ウルグアイ、チリ戦の召集メンバー(05.9/28)
 10月8日に行われるW杯南米予選ウルグアイ戦(キト/エクアドル)、12日のチリ戦(サンティアゴ/チリ)に召集されるメンバーが発表された。メンバーは以下のとおり。

 GK:
  エドウィン・ビジャフエルテ(バルセロナ)
  クリスティアン・モラ(LDUキト)

 DF:
  ウリセス・デ・ラ・クルス(アストン・ヴィラ/イングランド)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  ヘオバニー・エスピノサ(LDUキト)
  パウル・アンブロッシ(LDUキト)
  イバン・ウルタド(アル・アラビ/カタール)
  ホルへ・グアグア(エル・ナシオナル)
  ホセ・コルテス(アウカス)
  エリック・デ・ヘスス(エル・ナシオナル)

 MF:
  エドウィン・テノリオ(バルセロナ)
  マルロン・アジョビ(デポルティボ・キト)
  エディソン・メンデス(LDUキト)
  アントニオ・バレンシア(ビジャレアル/スペイン)
  クリスティアン・ララ(エル・ナシオナル)
  セグンド・カスティージョ(エル・ナシオナル)
  ルイス・フェルナンド・サリタマ(デポルティボ・キト)
  ルイス・カイセド(オルメド)

 FW:
  アグスティン・デルガド(バルセロナ)
  フランクリン・サラス(LDUキト)
  フェリックス・ボルハ(エル・ナシオナル)
  ロベルト・ミナ(FCダラス/USA)

 ボリビア戦とほぼ変わりのない陣容である。FWのミナはアメリカ・MSLでプレーする84年生まれの若手FW。若い力が加わる一方で、デルガドは相次ぐ膝の故障のため、代表でのプレーはドイツW杯限りになる旨の声明を発表し、エクアドルサッカー界に衝撃が走った。なお、レアスコはイエローカード累積のため、ウルグアイ戦は出場停止。

ボリビア戦の召集メンバー(05.8/24)
 9月3日に行われるW杯南米予選ボリビア戦(ラパス/ボリビア)に召集されるメンバーが発表された。メンバーは以下のとおり。

 GK:
  エドウィン・ビジャフエルテ(バルセロナ)
  クリスティアン・モラ(LDUキト)

 DF:
  ウリセス・デ・ラ・クルス(アストン・ヴィラ/イングランド)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  ヘオバニー・エスピノサ(LDUキト)
  パウル・アンブロッシ(LDUキト)
  イバン・ウルタド(アル・アラビ/カタール)
  ホルへ・グアグア(エル・ナシオナル)
  ホセ・コルテス(アウカス)

 MF:
  エドウィン・テノリオ(バルセロナ)
  マルロン・アジョビ(デポルティボ・キト)
  エディソン・メンデス(LDUキト)
  アントニオ・バレンシア(ビジャレアル/スペイン)
  クリスティアン・ララ(エル・ナシオナル)
  セグンド・カスティージョ(エル・ナシオナル)
  ルイス・フェルナンド・サリタマ(デポルティボ・キト)

 FW:
  アグスティン・デルガド(バルセロナ)
  フランクリン・サラス(LDUキト)
  フェリックス・ボルハ(エル・ナシオナル)

 順当な選出だろう。予選初召集のボルハは先日のベネズエラ戦でゴールを挙げた期待の23歳。カビエデスは監督との確執などで未招集。ちなみにそのカビエデスはカタール移籍が濃厚。イングランド、スペインのクラブからもオファーがあったらしいが・・・。

バルデオンが海外移籍(05.8/10)
 カビエデスはチーム内で規律違反を起こしたため、バルセロナとの契約を解除された。古巣エメレクへの移籍が濃厚となっている。

 代表FWホニー・バルデオン(デポルティボ・キト)がアルゼンチンリーグのコルドバへ移籍した。コルドバは2部リーグのチームであるが、契約には6ヵ月後にフランス1部リーグのサンテティエンヌに移籍できることが含まれている。

エクアトリアーノ、レアル・マドリーへ(05.7/23)
 16歳のエクアドル人、フェルナンド・ゲレーロ(Fernando Guerrero)がスペイン、リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードと約720万ドルで契約した。レアル・マドリードは“銀河系”の愛称で知られるスペインの強豪チーム。※ゲレーロ選手の詳細は今のところ不明ですが、追ってお知らせします

 バレンシアが所属するビジャレアルはスペインのクラブチーム、ビジャマーラと練習試合を行い、22-0で快勝した。バレンシアはフォルランやリケルメなどと良いコンビネーションを見せ、5ゴールを挙げて首脳陣にアピールした。
 
イバン・ウルタド、カタールへ(05.7/7)
 代表CBでキャプテンでもあるイバン・ウルタドがカタールのアル・アラビと契約したことが明らかになった。ウルタドはスペインでのプレー経験があり、昨季はメキシコのパチューカでプレーしていた。

バレンシア、ビジャレアルへ(05.6/7)
 リーガ・エスパニョーラのビジャレアルは、19歳のアントニオ・バレンシア(エル・ナシオナル)と5年契約を結んだ。移籍金は推定180万ユーロ(約2億3500万円)。ビジャレアルは今季リーグ3位でチャンピオンズリーグ出場権も手にしている。エクアドル人初のチャンピオンズリーガーになれるのも時間の問題だ。また、ビジャレアル市はエクアドル人コミュニティーがあるムルシア市とも近く、生活面でも問題無さそうだ。

南米予選のいろいろ(05.6/3)
 MFメンデスが怪我のための予選出場を辞退。パラグアイ戦で2得点を決めるなどここまで5得点のメンデスの欠場はエクアドル代表にとって大きな痛手である。スアレス監督は代わりにクリスティアン・ララ(エル・ナシオナル)を追加召集した。(更新が遅れて申し訳ありません)
 グアヤキル入りしているアルゼンチン代表のペケルマン監督は「エクアドル戦はブラジル戦と同じくらい重要だ。」と発言している。本心・・・・?

チャリティマッチ&バレンシア動向(05.5/26)
 今月7日に亡くなったオティリノ・テノリオの追悼試合(エクアドルリーグ選抜×エメレク)が27日、テノリオの古巣であるエメレクのカプウェルスタジアムで行われる。なお、この試合の収益金はテノリオの残された家族に贈られる。選抜チームのメンバーは次の通り。

 デポルティボ・キト:
  カルロス・フアレス、ダニエル・ビテリ、カルロス・イダルゴ
 エル・ナシオナル:
  ロリス・アラゴン、パベル・カイセド、ルイス・モレイラ、ウェリントン・サンチェス
 デポルティボ・クエンカ:
  マニュエル・メンドーサ、ダミアン・ランサ、ジャンカルロ・ラモス
 バルセロナ:
  アウグスト・ポロソ、フランクリン・コロソ、イバン・カビエデス
 オルメド:
  エドゥアルド・ウルタド
 無所属:
  リカルド・ボルハ

 また、バレンシアとビジャレアルの移籍交渉は良好とのこと。ビジャレアルは来季のチャンピオンズリーグ出場が決まっているため、初のエクアドル人チャンピオンズリーガーとなるか。

カルロス・テノリオが代表復帰(05.5/20)
 スアレス監督は、フランクリン・サラスの怪我が完治してないため、カルロス・テノリオ(アル・サード、カタール)を6月のW杯予選に追加召集した。テノリオは昨年9月以来の代表招集となる。サラスのプレーを見れないのは残念だが、テノリオ昨年4月のアルゼンチン戦では好パフォーマンスをみせているだけに期待できる。

代表メンバー発表&移籍の噂(05.5/19)
 スアレス監督は6月4、8日に行われるW杯南米予選の召集メンバーを発表した。

 GK:
  エドウィン・ビジャフエルテ(バルセロナ)
  クリスチャン・モラ(LDUキト)

 DF:
  イバン・ウルタド(パチューカ、メキシコ)
  ヘオバニー・エスピノサ(LDUキト)
  ウリセス・デ・ラ・クルス(アストン・ヴィラ、イングランド)
  レナン・カジェ(アウカス)
  ホルヘ・グアグア(エル・ナシオナル)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  パウル・アンブロッシ(LDUキト)
  ホセ・コルテス(アウカス)

 MF:
  エドウィン・テノリオ(バルセロナ)
  マルロン・アジョビ(デポルティボ・キト)
  ルイス・カイセド(オルメド)
  ダビド・キロス(エル・ナシオナル)
  アントニオ・バレンシア(エル・ナシオナル)
  ワルテル・アジョビ(バルセロナ)
  エディソン・メンデス(LDUキト)

 FW:
  ワルテル・カルデオン(デポルティボ・クエンカ)
  フランクリン・サラス(LDUキト)
  クリスティアン・ゴメス(オルメド)
  ホニー・バルデオン(デポルティボ・キト)
  アグスティン・デルガド(バルセロナ)

 アルゼンチン戦はキトで、コロンビア戦はコロンビア北部の港町、バランキージャで行われる。カビエデスは怪我が完治してなく、コンディションが万全でないため不召集。ゴメスは初召集のアルゼンチン系エクアドル人。また、予選後の11日にはアメリカのニュージャージーでイタリア代表と親善試合を行う。

 代表サイドバックのネイセル・レアスコ(LDUキト)にアルゼンチンのリーベル・プレートが興味を示す。また、アントニオ・バレンシア(エル・ナシオナル)にはスペイン、リーガ・エスパニョーラのビジャレアルが150万ドルでオファーをだしたとのこと。

訃報&小ネタ(05.5/8)
 エクアドル代表FWで、エル・ナシオナルに所属するオティリノ・テノリオが7日、交通事故で死去した。25歳だった。テノリオはグアヤキルに住む家族に会うためキト市の高速道路を走っている際にトラックに衝突した。ニックネームは“スパイダーマン”。クラブ一の人気者で、若さから将来の代表を担うと嘱望されていた。ご冥福をお祈りします。

 エクアドルは、4日にニューヨークでパラグアイと親善試合を行い、エクアドルがメンデスのFKで奪った1点を守りきり勝利した。この試合には“スパイダーマン”も先発出場していた・・・。また、この試合で途中出場し、ロカフエルテFCに所属しているFWフェリペ・カイセドがスイスのバーゼルとの移籍交渉が大詰めを迎えている。カイセドは3月にベネズエラで行われたU17南米選手権でエクアドルを決勝リーグに導く活躍をした。

移籍情報小ネタ(05.4/10)
 ここ最近出場機会が無く、監督との確執が噂されるカビエデス(バルセロナ)は他クラブへの移籍を検討しているという。移籍先は、中国、中東、欧州のクラブが候補に上がっている。アジアのクラブだと日本ではACLで見れる可能性もある。とにかく、コンスタントに試合出場できるクラブへの移籍が望ましい。
 先日のパラグアイ戦で衝撃デビューしたバレンシアに、ブラジルの名門クラブ、フラメンゴからオファーが舞い込んでいるという。怪物19歳のステップアップとなれるか。

ペルーと分ける(05.4/1)
 エクアドルはリマでW杯南米予選13節をペルーと戦い、2-2で引き分けた。開始直後にゲレーロに先制点を奪われるものの、直後にデ・ラ・クルスのゴールで同点とすると43分にはバレンシアが2試合連続のゴールを奪って勝ち越し。しかし、58分にファルファンに決められドローに。エクアドルは勝ち点20で単独3位の好位置につけている。

エクアドル
ビジャフエルテ;デ・ラ・クルス、ウルタド、エスピノサ、アンブロッシ;M・アジョビ(カイセド)、E・テノリオ、バレンシア、メンデス、デルガド、バルデオン(サラス)

ペルー
イバニェス;ソト(サラス)、レボシオ、アカシエテ、バルガス;ハージョ、ゼゲーラ(パラシオス)、ソラーノ(メンドーサ);ファルファン、ゲレーロ、ピサロ

パラグアイ戦に勝利!(05.3/28)
 パラグアイに勝ちました!詳細はコチラ

パラグアイ戦スタメン発表(05.3/26)
 スアレス監督は27日のパラグアイ戦のスターティングメンバーを発表した。

 GK:ビジャフエルテ
 DF:デ・ラ・クルス、ウルタド、エスピノサ、アンブロッシ
 MF:E・テノリオ、M・アジョビ、メンデス、バレンシア
 FW:カビエデス、デルガド

 ほぼ順当な選出だが、エル・ナシオナル所属のアントニオ・バレンシアは予選初スタメン。カビエデスとデルガドの黄金2トップはここ最近、代表試合ではこれといった成績を残してないので復活が望まれる。


エクアドル代表メンバー発表(05.3/20)
 スアレス監督は27日と30日に行われるFIFAW杯南米予選パラグアイ戦とペルーに召集するメンバーを発表した。現時点ではベストメンバーである。

 GK:
  エドウィン・ビジャフエルテ(バルセロナ)
  ホセ・セバジョス(オンセ・カルダス/コロンビア)
  ダミアン・ランサ(デポルティボ・クエンカ)

 DF:
  イバン・ウルタド(パチューカ/メキシコ)
  ヘオバニー・エスピノサ(LDUキト)
  ホルヘ・グアグア(エル・ナシオナル)
  ウリセス・デ・ラ・クルス(アストン・ヴィラ/イングランド)
  ネイセル・レアスコ(LDUキト)
  パウル・アンブロッシ(LDUキト)
  フリクソン・ジョルジ(バルセロナ)

 MF:
  エドウィン・テノリオ(バルセロナ)
  マルロン・アジョビ(デポルティボ・キト)
  アントニオ・バレンシア(エル・ナシオナル)
  ワルテル・アジョビ(バルセロナ)
  エディソン・メンデス(LDUキト)
  ウェリントン・サンチェス(エル・ナシオナル)

 FW:
  イバン・カビエデス(バルセロナ)
  オティリノ・テノリオ(エル・ナシオナル)
  フランクリン・サラス(LDUキト)
  ホニー・バルデオン(デポルティボ・キト)
  アグスティン・デルガド(バルセロナ)

過去のニュースバックナンバー

TOPへ戻る

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO