オティリノ・テノリオ追悼ページ
〜Adios Oti・・・〜


2005年5月7日、1人の
有望なストライカーが天に召された


スパイダーマンのパフォーマンスで国内随一の人気者だった


代表にも定着しつつある矢先だった


父親のマスクを被るAndy君(3歳)


エクアドル国民がその早すぎる別れを惜しんだ

私自身、彼のプレーをさほど多くは見てないが、本当に可能性を感じさせる選手だった。
それだけに、残念でたまらない。3人の幼い息子は物心がついたとき気づくだろう。父親は偉大なサッカー選手だったと。

彼の夢はワールドカップの舞台でゴールを決め、スパイダーマンのマスクを被ることだった。
それが不可能になった今、残された選手達が彼の意志を受け継ぎ、ドイツでマスクを被れるよう頑張って欲しい。

そして、W杯出場を果たしたら青い空の向こうからOtiが無邪気な笑顔で覗いてるかもしれない。

TOPへ戻る

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO