2006FIFAワールドカップドイツ大会 グループA エクアドル×コスタリカ

〔6月15日 15:00キックオフ スタジアム:ハンブルク・ワールドカップスタジアム〕 

ECUADOR 3-0
(1-0)
COSTA RICA
デルガド   C・テノリオ
.         (46' カビエデス)
バレンシア          メンデス
(73' ウルティア)               .
カスティージョ  E・テノリオ

レアスコ          デ・ラ・クルス
エスピノサ   ウルタド
(69' グアグア)        .
モラ

ゴメス    ワンチョペ

センテノ
ゴンサレス       ウォレス
フォンセカ  ソリス

ウマニャ  マリン  セケイラ

ポラス



 ここ数年、いや、エクアドルサッカー史上でも屈指のベストゲームであろう。守備陣の健闘もさることながら、C・テノリオ、デルガド、そしてカビエデスによる3得点はビューティフルとしか形容のしようのない素晴らしいゴールだった。まず8分。デルガドの素晴らしいボールキープからバレンシアの鋭いクロス。そしてC・テノリオのネットに突き刺す豪快なヘディング。スピーディーで全く隙のない効率的な攻めだった。デルガドは54分にも活躍。メンデスのボールを巧くトラップし、通常では“ありえない”位置から“ありえない”角度で相手キーパー・ポラスのニアサイドをぶち抜いた。そして極めつけは後半ロスタイムの92分。デルガドのパスを受けたメンデスが右サイドから鋭く正確なアーリークロスをあげ、カビエデスが右足でボレーを華麗に決めた。そしてこの後カビエデスは誰もが予想しなかった行動にでる。ゴールを決め間髪入れずに黄色いマスクをかぶった。このサイトを以前からご覧になっていた方は分かるかもしれない。そう、オティのマスクだ。カビエデスはオティリノ・テノリオという掛け替えのない仲間と共にこのゴールを喜んだ。

 2回目の出場で決勝トーナメント進出をこれ以上ない形で成し遂げたエクアドル。素晴らしい戦いぶりだった。サイドのメンデスとバレンシアは隙を付いてサイドを攻めた。特にメンデスの90分走られるスタミナは賞賛に値する。カスティージョもマルロン・アジョビの後釜として十分な評価を得ただろう。


天国のオティもきっと・・・

ドイツワールドカップページへ戻る

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO